甲子園ホテル物語

 西の帝国ホテルと
フランク・ロイド・ライト

三宅 正弘 著

ISBN978-4-86249-140-4


甲子園ホテル物語
   西の帝国ホテルとフランク・ロイド・ライト
                     三宅 正弘 著
昭和5年、阪神間に開業した甲子園ホテル。設計者・遠藤新による空間デザイン(ライト式建築)と、支配人・林愛作の構想が結実した日本のホテルの魁となった。提供された様々なもてなしと、それを担ったホテルマンたちの姿を描く。
甲子園ホテル物語
西の帝国ホテルとフランク・ロイド・ライト
三宅 正弘=著
A5判・上製・202ページ
定価 本体2,200円+税
ISBN978-4-86249-140-4
 2009年 5月 刊行
 紙版は品切・電子書籍版のみ発売中〈本体1,700円〉
■主要目次

第Ⅰ部 甲子園ホテル物語
チョコレートと野球…ホテル特製のケーキとロシア人/ホテル司厨士と野  球/モダン村・鳴尾村/白い地面が緑と赤に/モダニズムの名作、武庫  大橋/フランク・ロイド・ライトと阪神間/ほか
陽をうける厨房…ホテルの顔を任された男/甲子園ホテルのフランス料理 
スキヤキ…甲子園ホテル独特のスキヤキ/帝国ホテル(東京會館)のスキ  ヤキ/ホテルで暮らす陶芸家/リゾートホテルでの作陶、三笠焼/ほか
ファミリーホテル…東洋風のメインダイニング/林式ホテル/日本のホテ   ルの魁/遠藤が引き継ぐ林式/帝国ホテルが力を入れた大阪のホテル/ほか
戦争と新しき土…クーデターと甲子園ホテル/阪神間と甲子園ホテル/出征を見送るホテル/宮さまと甲子園ホテル/最後の結婚披露宴/ほか
新料理長…GHQ接収/林愛作と内海藤太郎/地域に開かれた甲子園会館として再出発/日本ホテル史に刻まれる甲子園ホテルと西宮/ほか
 
第Ⅱ部 F・L・ライトと三色の石物語
石が彩る風景…日本人と石/学生にも知られる石/東京山の手を飾る石/フランク・ロイド・ライトと帝国ホテル/ライトが惚れた赤い石/青白い石の真相/蜂の巣石を探して
甲子園ホテルの黄色い石…西の帝国ホテルの石・日華石/ライトと弟子の石との出会い/打出の小槌の彫刻/時代が新たな石の使い方を生み出す/土地の石に帰る/この土地の石、六甲花崗岩(御影石)
 
第Ⅲ部 甲子園ホテルに泊まる旅
マニラ・ホテル/タールビスタホテル(フィリピン・タガイタイ)/ホテル・ニューグランド(横浜)/帝国ホテル/富士屋ホテル(箱根)/笹屋ホテル(長野)/川奈ホテル(伊豆)/蒲郡ホテル(現・蒲郡プリンスホテル、愛知)/日光金谷ホテル/軽井沢万平ホテル/雲仙観光ホテル
みやけ・まさひろ…1969年芦屋市生まれ。関西大学建築学科卒、京都大学大学院修士課程修了、大阪大学大学院博士課程修了(専攻:環境工学)。工学博士。都市計画事務所や徳島大学助手(専攻:土木工学)等を経て、現在、武庫川女子大学生活環境学部生活環境学科准教授・武庫川女子大学生活美学研究所准教授。専門は地域デザイン、まちづくり。芦屋市内にある「ライト坂」の命名者でもある。著書に『石の町並みと地域デザイン』(学芸出版社)、『神戸とお好み焼き』(神戸新聞総合出版センター)、『阪神間モダニズム』(共著・淡交社)、『近代日本の郊外住宅地』(共著・鹿島出版会)などがある。
Topページに戻る
ABOUT SHOPPING SEARCH FREE SEARCH

Copyright (C) 2009 TohoShuppan all rights reserved.