痛みを知る

熊澤孝朗(著)

ISBN978-4-86249-084-1


いのちの科学を語る……2
痛みを知る
       熊澤孝朗[著]
いのちの科学を語る……2
 傷の症状として起こるのとは違った、神経系に発生した病気としての痛み「慢性痛症」のしくみをわかりやすく解説。
「痛み学」の先駆である著者が、医療者・患者・医療行政者に向け「痛み治療」への学際的アプローチを提案。
いのちの科学を語る……2
痛みを知る
        
熊澤孝朗  著
四六判・ソフトカバー・180頁
定価1,575円
(本体1,500円+税)
ISBN978-4-86249-084-1
 2007年 11月 刊行
 2刷
第1章 痛みの新しい考え方
  1 「痛み」の概念が変わった  2 欧米の「痛み」への取り組み  3 「痛み」とは何か?  
       コラム・ゲートコントロール説/コラム・fMRI :画像による脳機能検査  

第2章 痛みのしくみ
  1 痛み系の役割とその性質  2 痛みの入り口  3 痛みの伝わり方  コラム・痛みを表わす言葉  4 鎮痛系とハリ鎮痛        コラム・関連痛について

第3章 痛みが病気? 慢性痛症
  1 慢性痛症では何が起こっているか  2 先取り鎮痛・モルヒネについて  3 運動系と慢性痛症の関わり                    
コラム・痛みと記憶

第4章 痛みにどう取り組むべきか
  1 学際的痛みセンターとは  2 日本の痛み医療の遅れ
くまざわ・たかお…1932年生まれ。愛知医科大学医学部痛み学(ファイザー)寄付講座教授・医学博士。’57年名古屋大学医学部卒業。’58~’82年名古屋大学医学部生理学第一講座。この間’64~’67年スイス・チューリヒ大学、イタリア・シエナ大学、ミラノ大学、’70~’72年アメリカ・ユタ大学、ノースカロライナ大学にて研究・教育に従事。’82~’96年名古屋大学環境医学研究所教授。’96年名古屋大学名誉教授。痛覚受容器の中で最も重要なポリモーダル受容器の研究で世界的第一人者。日本の痛み医療改善のために、日本に「学際的痛みセンター」を設立すべく調査研究し、努力を重ねた。現在も基礎研究(慢性痛症モデル動物の開発)、及び、痛み医療に関する啓発活動を精力的に行った。
著書に、『痛みのケア̶慢性痛、がん性疼痛へのアプローチ』(照林社)ほかがある。
2010年逝去。
Topページに戻る