陸軍特攻・振武寮

生還者の収容施設

林えいだい(著)

ISBN978-4-86249-058-2


許されなかった帰還   NHK「ETV特集」にて昨秋放映
太平洋戦争末期、無謀な出撃命令で目的を果たせず引き返してきた特攻隊員たちは隔離された。
体験者の証言を掘り起こし、特攻作戦の真相に迫る。
陸軍特攻・振武寮
        しんぶりょう

林えいだい  著
四六判・ハードカバー・300頁
定価 本体2,800円+税
IISBN978-4-86249-058-2
2007年3月 初版刊行
第一章 野ばらの歌
 1 二十一年振りの再会/2 血書志願で学徒動員/3 欠陥機の修理/4 見送り
第二章 学徒出陣
 1 母の遭難/2 特別操縦見習士官/3 教育隊/4 繰上げ卒業
第三章 特攻隊の編成
 1 報復/2 陸大から参謀へ/3 第二十二振武隊/4 第六十五振武隊
第四章 出撃命令
 1 知覧の衝突事故/2 知覧出撃第一号/3 海に不時着/4 別れの隊歌/5 陣中日誌
     沖縄特攻に使用した特攻機の種類
第五章 特攻隊員の隔離・収容施設
 1 何で帰ってきたか/2 ピストル事件/3 喜界島/4 軍司令官と参謀の不条理/
 5 お茶会/6 第六航空軍に自爆せよ/7 特攻美談
第六章 原隊復帰
 1 本土決戦/2 本官ははなはだ遺憾である/3 生きていた英霊
林えいだい(はやし・えいだい)=1933年福岡県生まれ。早稲田大学文学部中退。ノンフィクション作家。ありらん文庫主宰。主著に、『女たちの風船爆弾』(亜紀書房)、『清算されない昭和−朝鮮人強制連行の記録』(岩波書店)、『台湾第五回高砂義勇隊』(北九州中国書店)、『異郷の炭鉱−三井山野鉱強制労働の記録』(海鳥社)、『台湾の大和魂』(東方出版)、『特攻日誌』(編著、東方出版)、『重爆特攻さくら弾機』(東方出版)ほか多数。
Topページに戻る
ABOUT SHOPPING SEARCH FREE SEARCH

Copyright (C) 2007 TohoShuppan all rights reserved.