増補校訂 中院流の研究 

 大山公淳 著

ISBN978-4-88591-160-6
  高野山秘密仏教研究の基本書。
 高野山に伝わる事相の本流、中院流の体系的研究をまとめた秘密行法の学的金字塔。中院流全般について、一々の作法と印と真言とをあわせ解説。印図・壇図等も収録。
増補校訂 中院流の研究
 大山公淳 著
A5判   678頁  上製
定価
本体15,000円+税
 ISBN978-4-88591-160-6
1987年3月初刷
7刷 
■目次
第一章 序説
 宗学の規模/両部の教学/大師の相伝/諸流の分派/中院流の成立/中院流の分派/伝授の儀式/合掌と礼仏/許可のこと/四度折紙
第二章 十八道次第の研究
 十八道聖教/十八道念誦頸次第/行法について/本文解説
第三章 金剛界次第の研究
 概説/金剛界念誦次第
第四章 胎蔵界次第の研究
 概説/金剛界念誦次第
第五章 息災護摩次第付不動
 本次第と根本経軌/口訣書/護摩の種類/護摩の炉其他/弁備物とその意味/入文解説/神供作法
第六章 諸尊法
 三十三尊法概説/諸次第
第七章 作法部
 作法部/土公部/水天部/星供
第八章 曼荼羅供と灌頂
 曼荼羅供/灌頂/結縁灌頂と三昧耶戒
第九章 秘書
 小巻物/小巻物以外/経と遺告類其他/諸口訣書
第十章 印信
 十二通/別伝と四方印/録外別伝
 補注
 索引
 挿入図目次
 大山 公淳(オオヤマ コウジュン)
1895年岡山県生まれ。1933年高野山大学教授となる。1938年学修灌頂入壇。1962年高野山第463世寺務検校法院。1966年勲三等瑞宝章受章。高野山大学名誉教授、種智院大学名誉教授等を歴任。1992年逝去。
著書『神仏交渉史』『増補校訂 中院流の研究』『仏教音楽と声明』『中院流日用作法集』『中院流日用作法集 伝授録』ほか多数。
Topページに戻る
ABOUT SEARCH FREE SEARCH

Copyright (C) TohoShuppan all rights reserved.